不動産を担保にする

マンション

不動産を担保にして組めるローンを不動産担保ローンといいます。このローンの特徴は一般的に、ローンを組んだ際に融資されるお金を自由に活用できるというところです。その他のローンは車や住宅などローンを組む際にそれを活用する目的が決められます。そのため、自由に融資されたお金を活用することができないといわれています。ただ、不動産担保ローンのサービスを行う消費者金融や銀行によっては、目的を決められることも多少あるようです。不動産という、大きな担保があるため、融資側もお金を融資しやすいためか、金利が低いという特徴があります。そのため、低い金利でお金を用意したい人には向いているローンといわれています。また、担保が大きいことから、融資額を高く設定することも可能といわれています。

ただ、どのような担保にもいえることですが、支払いの際に滞りや返済ができなくなった際には、担保を失うことになります。そのため、不動産担保ローンで、返済ができなくなった際は不動産を差し押さえされ、失うこともあるため気をつけましょう。不動産担保ローンは長期間融資を受けることができるのも一つの特典といえるでしょう。不動産という担保があってこそ、長期間での融資が行えます。不動産担保ローンは融資までに時間がかかることもあります。どうしても不動産を担保にするためには査定や審査とうに時間がかかってしまうことも多く、融資までに1週間以上かかる時もあります。気をつけておきましょう。

RECOMMEND POST

カードローンを比較 しよう

硬貨

あらゆる金融機関のカードローンがあります。どのようなカードローンを組むといいか分からない時は、カードローンの比較をしてみるといいでしょう。金利や融資にかかる時間を把握するといいといえます。

詳しく見る

不動産を担保にする

マンション

不動産担保ローンは不動産を担保として組むことのできるローンの一つです。不動産を担保にするため、大きな融資額を設けることが可能です。金利を低くかりたいという時に活用できるローンでもあります。

詳しく見る

20万円を借りるために

紙幣

20万円借りる方法の一つがキャッシングです。キャッシングは一括で返済することが決められている金融サービスです。そのため、翌月に支払うお金を計算してから活用することが大切です。

詳しく見る